ホーム > カトラリー >

  • 甲斐のぶお工房 フォーク 鶴(赤)
  • 甲斐のぶお工房 フォーク 鶴(赤) 別画像1/3

    甲斐のぶお工房 フォーク 鶴(赤) 別画像2/3

    甲斐のぶお工房 フォーク 鶴(赤) 別画像3/3

商品番号 091115-TYKnv03
販売価格 400円(税込432円)
購入数

この商品について問い合わせる

この商品を友達に教える

はじめてこれを手にしたとき、どっちの先を使えばいいのか、少しだけ右脳と左脳がパニックになりました。さて、どっちなんでしょう?答えはどっちも正解。二股になったフォークの方は、カステラやケーキなど、スポンジ状のものをいただくときにスポンジのふんわり感を損なうことなくいただけます。また、羊羹などねっとり系のものは、くちばしの方で行く方がきれいに召し上がれて具合が良いです。この他にもいろんな使い方がありそうな、とってもポテンシャルの高いカトラリーなのです。

サイズ:長さ19cm
素 材:竹、ボリウレタン皮膜
作り手:甲斐のぶお工房

<商品の配送方法について>
*こちらの商品は、レターパックプラス(全国送料一律510円)(全国送料一律510円)での発送も別途承ります。(但し、注文数によっては封入できない場合もございます。また、配達日時指定および代金引換をご希望の場合は、クロネコヤマト宅急便での通常発送となります。)
*甲斐さんのデザイン*
甲斐さんが作るカトラリーのそのデザインの多くは奇抜で、どこか北欧の遺伝子をもっている感じがします。事実、和食器との相性も悪くはないのですが、洋食器、たとえばロイヤルコペンハーゲンとの相性は最高なのです。(湯布院塚原のショップ「匙や」に行くと、実際にディスプレイされています)
きっと、なにかを極めた人が行き着くところは、そんなに違わないのかも、と思わざるをえません。すでにこの世に生まれて40年を超えるというフォークやサーバーたちが、いまの生活のなかで、ビビッドでありつづけているのは、ひとつの奇蹟です。おそらくは、ユーザーにも気づかれないくらいの、微細かつこだわりのマイナーチェンジをしてきたからなのでしょうが、きっと天才は無意識にそんなことをやってしまうから、聞いてもわからないというにきまっていますが。
※この商品は、2016年8月10日より価格を改定しております。
竹の市、鉄の市、土の市、