ホーム > 竹あそび >

  • 渋うちわ 永大/無地
  • 渋うちわ 永大/無地 別画像1/3

    渋うちわ 永大/無地 別画像2/3

    渋うちわ 永大/無地 別画像3/3

商品番号 120515-WUK05
販売価格 2,200円(税込2,376円)
在庫数 完売しました

この商品について問い合わせる

この商品を友達に教える

こちらは典型的な丸形の大振りなうちわです。柿渋引きのやわらかな薄茶色がほんと美しいです。無地のタイプは竹骨がよく透けて見えるのでかえって民具としての美しさが際立つ気がします。赤ちゃんを寝かしつけたりするような、広い面積に風を送りたいときは、腕を使ってゆったりとあおげるこちらのタイプをおすすめいたします。
*本品は栗川商店さんのご好意で、当店がいちばんにお取り扱いさせていただいております。

サイズ:(W)29×(H)42.7cm、柄長約12.7cm
重 さ:約40g
素 材:高知産手漉き和紙、阿蘇外輪山産真竹、柿渋
作り手:栗川商店

◎かつて京都、丸亀についで、うちわの日本三大産地といわれた来民(くたみ)。手漉き和紙に柿渋を引く昔ながらの伝統製法が、実は今も守られています。
熊本県、山鹿市の来民(くたみ)地区に伝わる渋うちわの起源は約390年前の江戸初期のころ、香川丸亀の旅僧が宿の謝礼として、うちわの製法を伝授したことに始まるとされます。山鹿灯籠でも有名な和紙と阿蘇山の裾野の豊かな竹材に恵まれたことと、藩主細川忠利の奨励により、来民の主要産業として発展。大正末から昭和10年頃までの最盛期には販路を朝鮮半島、満州、台湾まで広げたとされ、多くの製造元が来民の通りに軒を連ねていたそうです。いまでは創業明治22年の栗川商店さんを中心にごく限られた数少ない製造元によって営まれています。
栗川商店のこだわり
とくに7寸以上の大きな真竹を骨材にし、うちわに最適なこだわりの手漉き和紙を貼って、仕上げに柿渋を引いて染み込ませています。天然の素材と手作りによる昔ながらの伝統製法を忠実に守ることで独特な素朴さが今も生きています。柿渋は和紙にハリと強度を与えるとともに、含有成分のタンニンにより優れた防虫効果があり、うちわをいつまでも清潔に長持ちさせてくれます。混ぜ物のない純粋な柿渋のみを使うことで柔和な薄茶色が生まれ、その色合いは「白渋(しろしぶ)」と呼ばれています。使い込むことで少しずつ増してくる深みのある色つやは年月を重ねた証し。虫が付かずに長持ちなことと、産地名の来民(人が集まる)という意味合いから、地元のみならず、歌舞伎のごひいき筋でもとても縁起の良いうちわとされ、「命名うちわ」「還暦うちわ」などとして贈り物にも利用されてきました。ふだんの暮らしのなかで、こんな味わいのあるうちわがあるといいなと思います。
竹の市、鉄の市、土の市、