ホーム > 小鹿田焼 >

  • 書籍「小鹿田焼〜すこやかな民陶の美〜 増補版」
  • 書籍「小鹿田焼〜すこやかな民陶の美〜 増補版」 別画像1/3

    書籍「小鹿田焼〜すこやかな民陶の美〜 増補版」 別画像2/3

    書籍「小鹿田焼〜すこやかな民陶の美〜 増補版」 別画像3/3

商品番号 120914-ONT01
販売価格 3,000円(税込3,240円)
購入数

この商品について問い合わせる

この商品を友達に教える

14年ぶりに再版となった本書は、小鹿田焼の江戸後期、明治、大正、昭和前期・後期、そして現代のモノを大判の美しいカラー写真で紹介しつつ、その成り立ちと歴史、独自の技法、そして民藝の祖・柳宗悦やバーナード・リーチ来窯時の様子などまで網羅する小鹿田焼の画期的で興味深い唯一の専門書と言えるものです。初版以来ずっと再版が待たれつつ、ずっと古本としてしか入手出来なかったのですから、今回増補版の発売の意義は大変大きいものです。内容は初版のままとなっていますが、初版から14年経つことで窯元が世代交代しているため、窯元の紹介の部分のみ改訂がなされています。小鹿田焼と現在の窯元の成り立ちを知る大変に貴重な資料と言えます。小鹿田焼ファンのみならず、陶器好き、うつわ好き、伝統工芸好きの方に必見の本。レイアウトも小鹿田焼のように奇をてらわないどっしりとした見やすいもので、手元において時折眺めるだけで小鹿田の唐臼の音が聞こえてきそうな良書だと思います。
内容は4部構成となっています。
目次
1部 小鹿田の里と工人たち
2部 小鹿田焼の美〜生活の器
3部 小鹿田のやきものづくり
4部 小鹿田焼の歴史

著者:長田明彦、中川千年、貞包博幸 監修・解説
撮影:大崎聡明、大崎輝彦
発行:2012年9月15日
出版元:芸艸堂(うんそうどう)
レイアウト・装幀:山田政彦
仕様:A4判変型/126頁/ソフトカバー/カラージャケット装丁
ISBN:978-4-7538-0264-7

<商品の配送方法について>
*こちらの商品は、レターパックプラス(全国送料一律510円)(全国送料一律510円)での発送も別途承ります。(但し、注文数によっては封入できない場合もございます。また、配達日時指定および代金引換をご希望の場合は、クロネコヤマト宅急便での通常発送となります。)
竹の市、鉄の市、土の市、